PEBBLE

ペブルコーポレーション株式会社と株式会社ウィンスリーが業務提携契約を締結

2020.02.04

Press Release

ペブルコーポレーション株式会社と株式会社ウィンスリー、エンジニアを主とする「高度デジタル人材」の採用および業務支援において業務提携契約を締結

~採用決定までの期間を空白にしない!SESによる業務支援で企業のデジタルトランスフォーメーションを前進~

自社AIサービスの企画開発をはじめとする包括的AIソリューション事業を展開するペブルコーポレーション株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:藤方 裕伸、以下ペブルコーポレーション)は、デジタル分野専門人材ヘッドハンティング事業を行う株式会社ウィンスリー (本社:東京都港区、代表取締役:黒瀬 雄一郎、以下ウィンスリー)とエンジニア採用領域における業務契約を2020年2月4日に締結致しました。

恒常的な「デジタル人材」の不足をカバーする、強力な支援体制の拡充と潜在的顧客獲得を狙う協業が実現

ペブルコーポレーションは、業務基幹系のシステム開発をはじめAIなどの最先端技術によるソリューションにおいて高度な技術・開発力に評価をいただき着実に企業成長を果たしております。そのため、豊富な開発案件を擁し、上流から開発、運用まで幅広い参画フェーズを設け、受託や常駐など顧客のニーズに合わせた開発スタイルも多様であるため、エンジニア個人のキャリアパスや意思に基づいた「成長志向」のアサインが重視されています。デジタルトランスフォーメンション(以下DX)時代に活躍可能なエンジニアを育成するために、こうした環境整備に加え高度なスキル保持者の採用を強化し、DX化を一気通貫で推進可能なプロフェッショナルなチームも続々と立ち上がりつつある現状です。

一方で、一般企業における高度デジタル人材の恒常的な不足は経営課題としてますます深刻となっており、私たちはこの点を解決するべく2020年2月4日(火)、デジタル領域に特化した人材エージェント企業である株式会社ウィンスリーと業務提携契約を締結致しました。

本提携によって、高度デジタル人材の採用意向を持つウィンスリーの顧客企業において、採用が決定するまでの間、SES(システムエンジニアリングサービス)により業務支援を行うことができるため、企業は業務を停滞させることなく事業を推進していくことが可能となります。両社の採用条件が高いスキル保持者であることから、デジタル領域における優秀な人材の不足を補い合えることがメリットのひとつであり、ペブルコーポレーションではSESを契機として、潜在的受託開発顧客の掘り起こしも喚起したい意向です。また、紹介事業者であるウィンスリーは企業側へ該当する候補者の紹介ソースが増えていくことが狙いとするなど、双方においてきめ細かい支援体制の拡充と利益創出を両立できる協業が実現致します。

本提携の背景

DX化の波によってデジタル人材の深刻な不足は重要な経営課題となって久しく、各社優秀な人材の採用強化を進めていますが、獲得競争は熾烈を極めている現状です。同時にデジタル化による業務効率がスピード感を増す環境下にあって、採用を待つ間に蓄積されるロスは大きな損失となる可能性が否定できません。そこで、高い水準のデジタル人材を雇用するペブルコーポレーションと、優秀なデジタル人材を望む企業を顧客とするウィンスリーが連携することで、本採用までの間も企業は業務停滞することなくDXを一気通貫で推進することが可能となります。また、両社が対応しきれていない顧客ソースを双方で拡大できる可能性も拡大することができ、それぞれの領域で培ってきたナレッジやスキームを活かし合うことで、双方の企業成長を望むこととなりました。

■ ペブルコーポレーション株式会社について

事業概要:AI(音声認識、画像認識技術)とRPA、既存テクノロジーの融合による高付加価値技術、およびびエンジニア教育の提供
設立: 2018年12月7日
所在地:東京都江東区有明3-6-11 TFTビル 8階 Aバンク
代表者:代表取締役社長 藤方 裕伸
資本金:3,500万円
URL:https://pebblecorp.co.jp/

■ 株式会社ウィンスリーについて
事業概要:人材紹介業、人材コンサルティング事業
設立:2012年11月
所在地:東京都港区六本木4-8-7 六本木三河台ビル5階
代表者:代表取締役社長 黒瀬 雄一郎
資本金:500万円
URL:https://w3hr.jp/

【本件に関するお問い合わせ】
ペブルコーポレーション株式会社 担当:江原
メール:ebara@pebblecorp.co.jp
電話:03-5962-4288